top of page

あなたも10年若返ります。秋の食養生

更新日:2020年1月27日

今年の夏も暑さが厳しく、つい冷飲、多飲でしたね。

いつもお伝えしております食養生の一つは【胃腸を冷やさない事】でしたが胃腸は何故冷やしてはいけないのでしょうか?。

中医学では【脾は湿を嫌う】といって胃腸の消化吸収の機能は水分が多い(湿が多い)と効率が下がります。更にそれが冷たいと陽気【体を温める力】を消耗し代謝が下がります【肥満となります】。また体の各所に水滞し水毒症状を出します。【手足の浮腫み 喘息、腫れや痛み、リューマチ】食物も消化吸収機能が下がって停滞する為、【食欲不振,もたれ、口内炎、アトピー性皮膚炎。むくみ、吐き気、下痢】といった症状を出します。冷えから虚熱が生じその熱が籠ると【歯茎の腫れ、口内炎 便秘、痔 アトピー性鼻炎、ニキビ】の症状が出てきます。更には消化吸収力低下からエネルギー不足となり、【疲れやすい。イライラ不眠、免疫力低下。生命力低下、】つまり病気が生まれどんどん元気が出なくなるんですね。こんな時はいつものレオピンがあなたの胃腸を速攻で回復させ、が脳と心の弱りを回復させます。是非この秋も元気に美しくお元気で。

何か変だと困った時はいつでもご相談下さいね。



閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page