春から梅雨に向けての養生法


私たちの体の神経系、ホルモン系、免疫系は日々細やかに連動し恒常性を保ってくれています。この見えない内部環境は各自の外部環境に影響受けます。日々の外気圧、気温 湿度 人間関係のストレスなどが今日はどうかな?とチェックし意識して対応でき柔軟な心と体を保つことが大切です。この心と身体をケアーするための養生なんですね。今回は4つの基本養生の食 息 動 想の息をお伝えします。

さて春に向けて暖かくなると気圧は低気圧に向かいます。空気中の酸素が少なくなります。この外部環境変化から私たちの内部環境は見事に対応し自律神経系は副交感神経優位になります。この為に花粉症やアレルギー性鼻炎が出やすくなります。また酸素不足を補おうと【春眠暁を覚えず】のごとく眠くだるくなります。こんな時はすぐに胸を広げて息を長く細く吐きましょう。鼻から短く吸って少し止めます。この繰り返しの腹式呼吸で酸素を補給しましょう。また関節リュウマチや神経痛も出やすいです。詳しくは当店でお聞きください。