top of page

牛黄・紅参配合滋養強壮剤 【第3類医薬品】

 

こんなときにお試しください

  • 疲れすぎて、朝方だるくて起きるのがつらい
  • 疲れてやる気が起きない
  • 虚弱体質で病気をしやすい
  • 血色が悪く、疲れて、健康肌でない
  • 日頃から手足が冷えがち
  • 胃腸が弱く、食欲がない

複方霊黄参丸 120丸

¥11,000価格
  • 製品特長

    古来、強壮薬として用いられてきた<牛黄>や<紅参>をはじめ、10種類の動物性及び植物性生薬を配合した、おだやかな効きめの滋養強壮剤です。各種生薬がその作用を補いながらより良い効果を発揮します。

    成分

    12丸中、次の成分を含みます。

    成分 分量
    牛黄(ゴオウ) 10mg
    紅参(コウジン)乾燥エキス 300mg
    (紅参3.0gに相当)
    当帰(トウキ)末 180mg
    防風(ボウフウ)末 180mg
    川芎(センキュウ)末 180mg
    成分 分量
    甘草(カンゾウ)末 100mg
    芍薬(シャクヤク)末 300mg
    桂皮(ケイヒ)末 250mg
    動物胆(ドウブツタン) 50mg
    鹿茸(ロクジョウ)末 5mg

    添加物として部分アルファー化デンプン、パラベン、グリセリン、ハチミツ、寒梅粉、銀箔を含有します。

    成分 主な作用
    牛黄 牛の胆のう中にごくまれに発見される褐色の小球塊で、中国最古の薬物書といわれる「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」に収載され、強壮生薬として用いられてきました。
    紅参 「神農本草経」に収載されている薬用人参の根を蒸して乾燥したもので、古くから漢方の要薬として広く用いられてきました。新陳代謝機能を活発にし、食欲を増進し、からだを丈夫にするはたらきがあります。

    効能

    次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症、発育期

    用法・用量

    大人(15才以上)1回4丸、8〜14才1回2丸、1日3回、食間または食前に服用してください。
    小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること

    剤型

    表面に銀箔をかけた丸剤

bottom of page