コロナウィルス感染予防の知恵

ようやく収束に向かっているコロナウイルス感染ですが、秋からインフルエンザ感染も重なるようですから、自分の命を守る為に十分な予防養生行って参りましょう。

感染での症状は個人差があるものの、基礎疾患がある方や、免疫力が上手く機能しない方、血管の弱りがある方などに重症化がみられます。自分の体を守ってくれている治す力、「自然治癒力」が如何にしっかり働いてくれるか‼が命を左右するのです。この働きを知っておくと素晴らしく健気に働く自分の免疫力に感動します。

まずウイルスなどの敵が口や鼻の粘膜につくと、第一段階の防波堤である粘膜の繊毛がウイルスをはねのけようとしてくれます。この繊毛が早く元気に働ける人はウイルスの侵入を阻止できます。しかし体力がなく繊毛の動きが悪い人では簡単にウイルスが侵入してしまいます。日ごろから体力をつけておくことが大切なわけですね。そして今回の新型コロナウイルスが怖いのはこのウイルスはこの繊毛をすり抜け、細胞上にある侵入防御機能を上手くだまして細胞に入り込めるのです。これが感染となります。続いて私たちの守る力の2番目の防波堤である自然免疫マクロファージが感染を察知して感染細胞を貪食します。しかしこの新型コロナウイルスが一層怖いのはこのマクロファージが働けないようにする分泌液をだしてマクロファージが働けなくするのです。それでコロナウイルスは一気に増え続け肺や血液中に蔓延します。そこで最後の砦として危険を知らされた3段階目の獲得免疫が出動します。毒を分泌してウイルスを殺すキラー細胞「T細胞」と、抗体という武器でウイルスを殺す「B細胞」です。この獲得免疫の働きがちゃんと働くならばウイルスの増殖を阻止できます。この過程ではこれらの免疫細胞が働きやすいように体では炎症を起こし、熱を出したりします。ですから熱は免疫細胞が機能するうえで大切なもので必要なんですね。熱が出てもむやみに下げるのではなく高熱で耐えれないときだけ解熱薬を服用されるほうが良いこと知っておかれてくださいね。この熱を下げると免疫細胞がウイルスに負けてしますかもしれないからです。熱が出ても耐えられるように、ここでいざという時の『人参牛黄』が役立つのです。頓服で2カプセル服用くだされば少々の熱にも耐えられるので解熱薬を飲まずにすむでしょう。ウイルスと戦く免疫細胞の働きを下げないためにできるだけ解熱しないようにしましょう。そしてこれら免疫細胞が元気で機能するのはご自身の日ごろの予防養生がどれだけできたかです。今回これらご自分の健気に働く免疫細胞と仕組みに心から感謝し、自分の命を守っていかれてくださいね。

さて、これまでご提案してきた3つの輪(食、運動、心)を重ねるご提案を覚えておられるでしょうか? 大切なことですのでもう一度お伝えしたいと思います。

詳細に具体的に3回のシリーズでお伝えしていきますので是非大切な習慣として身に着けられるようにどこかに貼っておかれてお役立てくださいませ。今後また現れるかもしれない新型コロナウイルス感染予防をできる力を今からつけてまいりましょう。

前置きとしての情報ですが、この新型コロナウイルスは表面の突起の形が王冠に似ているためにギリシャ語でコロナと命名されています。人に感染するコロナウイルスは4種類あり風邪の15~35%はコロナウイルスが原因とされています。過去にも大流行になったSARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)、MERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)など記憶に新しいですね。

このウイルスは飛沫感染と接触感染で広がるため、外出後の手洗いと、うがい、マスクは必須です。このコロナウイルスは自覚症状なしに発症させ知らぬ間に感染を拡大していることもあるようですから、3密避けることは最も大切な予防です。

発熱、咳、のどの痛み、だるさなどの症状があり、7日過ぎて、より悪化するようなら感染と思って受診すべきでしょう。ただしまだ医療においても有効なワクチンも治療薬もなく対処療法しかありませんので、とにかく感染しないように予防することが大切であること強調しておきます。特例承認薬,レムデシベル(ベクルリー)やアビガンなどの抗ウイルス薬は、残念ですがまだ有効性や安全性においては証明されていません。またほかにもリュウマチ薬のアクアテムラ、膵炎治療薬のファモスタットなど組み合わせして使われていますが、まだまだ一部の方だけで結果出せたと報告されただけです。有効的なワクチンはまだまだ時間がかかるようです。今後に期待しましょう。

では感染予防の為にできることは何かという点ですが。実はそんなに大変なことではなくて、日ごろから良い習慣を身に着けることです。ウイルスに負けない免疫力は日ごろからのコツコツ健康貯金といえます。働きすぎず過労を避けること、早寝早起きの良い睡眠、和食を中心とした食事、無理のない運動、のびのびの気持ち良いストレッチ体操、いつでもどこでも大きく深呼吸、お腹抱えての笑い、体を冷やさないこと、ストレスとなることはしない、などです。ぜひ楽しみながらできることから始めましょう。これらは先ほど述べた食と運動と心の3つの輪を重ねるということです。

これらをできない時に助けとなって体力下がらないようにカバーしてくれるのがいつものおすすめのレオピンシリーズとエナックWなんですね。これまでずっと飲まれてこられた方は十分に健康貯金できていますからかなり安心ですが、できる限り3密避けて、これらの予防養生をしっかり実践して元気にお過ごしくださいませ。ではまた。

コロナ.png